「施設には入らず、おうちで一生を過ごしたい」ということを最優先した新築住宅伝次郎の家。「末永く安心して暮らせる家」をコンセプトに新築住宅・建て替え住宅をご提案致します

伝次郎の家

  • HOME »
  • 伝次郎の家

この伝次郎のホームページに出会ったあなたは今日から“我が家”の考えが変わるかもしれません

 

①  居住福祉という言葉をご存知ですか?

日本と同様に、第二次世界大戦で大きな被害を受けた、イギリスやドイツなどの西欧諸国は「福祉は住居にはじまり、住居に終わる」という、「居住福祉」という考えが、戦後70年の間にしっかりと根付いています。

残念ながら、私たち日本人は住居の大切さについて、あまり深く考えてきませんでした。
もともと福祉という言葉は、福も祉も「しあわせ」の意味ですが、近ごろ「福祉」といえば、年金やヘルパー・老人ホームなどのお金やサービス・施設を思い浮かべるのが普通になっています。

むろん、それも必要ですが、超高齢化社会に入るこれからの時代は、私たちが住んでいる町や村、また「住んでいる家」が福祉となるような「居住福祉」の状態になっていく必要があると考えます。
なぜなら、本来の「福祉」を国・行政の他人まかせでは、いずれは行き着いてしまいますし、自立した生活を送っていくには程遠いと考えられるからです。
そんな大切な「住まい」についてお話したいと考えています。

 

 

もっと詳しく知りたい方はこちら(準備中です)

 

②  “住まい”って、「社会の流れと、ご自分の中での変化」に関わっている?

子供が中学、高校、そして更に進学、就職・結婚と、親元から離れていきます。

子育てから離れられ、自由で楽しくほっとする半面、ちょっぴり不安もあります。

将来の健康の問題、老後の介護の問題、年金・お金の問題、また、子供・孫・友だちが遊びに来てくれて、楽しく充実した人生をおくることができるだろうか?

こんな先の見えない不安です。

2000年に介護保険制度ができて、個人が弱った人の、めんどうをみるという社会から、社会全体でめんどうをみる、という風に変わってきました。

しかし、老後は設備の充実した施設でおくる、という考えも、18年経った現在では、ほころびも出てきました。

「ずっと、わが家でいられること」が大事だと、思うようになってきたのです。

それと同時に、「老後は子供に迷惑をかけたくない」と思うような人も多くなりました。

このようなことは、「住まい」に大きく関係するのです。

誰かに担ってもらうことを、「住まい」に「くふう」をして担ってもらうのです。

 

もっと詳しく知りたい方はこちら(準備中です)

 

③2000年、平成12年、介護保険制度が始まりました

今から18年前、平成12年に介護保険制度が始まりました。

その制度の中に、住宅改修制度というのがあります。

体が不自由になった時、日常生活をするのに支障を起こさないよう、住宅周りの段差とか、障害物を無くすための工事です。

具体的には手すりをつけたり、スロープをつけたり、和便器を洋便器に変えたり、床のすべりを無くしたりする工事です。

私は、このような工事を3年間で350軒ほど施工しました。

この時、おおぜいの体の不自由なお年寄りの方とお会いしました。

お年寄りばかりではなく、若い方もいらっしゃいました。

これらのことから「住居と福祉」(本来の幸せという意味)は、密接につながっていることを、はっきりと知ることが出来ました。

それは、「最後まで、自分の力で用を足すことができる」

このことが自分に自信が持てるか、否かの、大きな分かれ目だと感じ、幸せにもつながるのものだと思いました。

それは、それぞれの方のお顔を拝見して、その時、はっきり分かりました。

このような体験をすることで、「住まい」が人に与える影響はとても大きなことだと、改めて「住まい」について考え直すきっかけにもなりました。

これが「住まいと福祉」「居住福祉」の考え方の原動力になっています。

 

もっと詳しく知りたい方はこちら(準備中です)

④ 増築って話は聞くけど、減築ってあるの?

同級生や友人から、「増築って話はよく聞くけど、減築ってあるの?

今住んでいる家が大きすぎて、最近2階に上ったことがない、こんな大きな家はもう要らない」 こんな話をされることが、よくあります。

子育ての時、子育てが終わり夫婦2人の時、 子供、孫、友人が遊びに来るとき。

このように、家の用途は3回にわたり変わります。

「家は3回、建てないと満足しない」といわれる由縁は、こんなところからきているのかもしれません。

このようなことで、その度に作り直していたら、とんでもなく大きな家になってしまいます。

家のつくりをもっと柔軟な発想でつくったらどうでしょうか?

 

もっと詳しく知りたい方はこちら(準備中です)

⑤  「住まい」 自体が大きなバリアーになっていませんか?

元気な時には、おしゃれなラセン階段は良いなあ、2階、3階の吹き抜けのある家はあこがれで、ちょっと高台にある家などは理想でした。

しかし、このような素敵な「住まい」も、そこに住む人の状況が変わることによって、住まいそのものがバリアーになってしまうこともあるのです。

また、建物のつくり自体が、人に害を与えるバリアーに変わってしまうことがあるのです。

本来なら、建物自体は人を守ってくれなきゃならないのに、逆に、人に害を与えてしまうこともあるのです。


A 熱さ、寒さから人を守れていない・・・熱中症などをひきおこします

B 地震などから人を守れていない・・・建物の倒壊などの被害が起きます

C 外からの騒音から人を守れていない・・・不眠症などをひきおこします

D 湿気から人を守れていない・・・・体調不良やシロアリの被害がおきます

E 臭気・刺激から人を守れていない・・・・体調不良やカビが発生します

F 新建材などの発生する刺激から人を守れていない・・アトピー性皮膚炎など

G 段差・床の滑り・冷たさから人を守れていない・・・・危険、体調不良

H サニタリーシステムから人を守れていない

 

こんなに多くのバリアーが、存在するのです。

 

 

もっと詳しく知りたい方はこちら(準備中です)

 

 

⑥じゃあ、このバリアーから人を守ってくれるのは何なの?

バリアーから人を守ってくれるのは、自然素材と最新技術の素材と工法なのです。

自然素材のムクの木は、直接、人が触れる床とか壁、天井などに使われて、臭いやアトピー性皮膚炎を引き起こす刺激・冷たさなどから守ってくれます。

一方、最新の航空ロケット技術から作られた素材は、人に触れることのない箇所で、高温・冷温の熱を遮熱して、通風口を通して外部に逃がして人を守ってくれます。

このように現在の建築技術はめざましく発達しています。

大事なことは、これらの知識や技術・工法を正しく採用していくことです。

「人にやさしい建物」は、建物自体の寿命が長く、建物のメンテナンスがし易く、ながい目でみれば経済的です。

⑦  “住まい”に大事なサニタリーシステムを取り入れましょう

建物の中で、排便するトイレや体の洗浄をする浴室・洗面所をサニタリーと呼びます。

体が衰えてきても、このサニタリーの行為が、自力でやっていかれることが、大きな自信につながることを、多くの住宅改修工事で知りました。

その結果、寝室の横にサニタリーを隣接させることが、非常に大事なことだと気付き、サニタリーが寝室と隣接している状態をサニタリーシステムと呼ぶことにしました。

実は、このスタイルはすでにホテルなどでも採用しているのです。

このサニタリーシステムは、とてもコンパクトで、実用化し易いです。

リフォームの時は他の部屋の用途を変更するだけで、採用できる点が良いと思います。

このサニタリーシステムを取り入れて、「自信をもって生活していける家」

「居住福祉の家」を作っていきたいと考えています。

 

もっと詳しく知りたい方はこちら(準備中です)

 

⑧心粒ハウスで、ついに形がみえて、伝次郎の家が生まれました

今までお話させていただいたことは、日々の仕事を通して考えていたことです。

私の仕事スタイルとして、一軒一軒タイプの違う家を施工させていただくので、

「居住福祉」の考えを形にすることは難しかったです。

しかし、今回、素晴らしいお客様にめぐり合うことができました。

心粒(こつぶ)ハウスという名前のオルゴール療法の為の建物でした。

この心粒ハウスが求めている「人を癒してくれる空間」のお考えと、私の、「ムクの木と自然素材を使ってつくる建物」が一致しました。

この工事が進んでいくにつれて、自然素材の力を改めて実感できて、最新技術の素材で、バリアーから人を守ることもできる工法を再確認しました。

また大きな成果としては、昔ながらの、「梁をあらわにした中二階の床組工法」が、コンパクトな平屋建てを可能にしたことでした。

このようにして居住福祉の形が具体的に見えてきました。

1、建物が人を守ってくれる。

2、ひろい空間を軽く仕切ることで、いろいろな用途の違う部屋に変えられる。

 

こうして、居住福祉の考えをもつ、平屋でコンパクトな「伝次郎の家」が生まれました。

 

もっと詳しく知りたい方はこちら(準備中です)

 

伝次郎の家は、どんな家?

 

A:「設計の根底」に、「居住福祉」の気持ちが流れています

B: ながい、「一生の移り変わり」に寄りそってくれる、柔軟な家です

C: ご自分の力で、ずっと、「自立していかれる、サニタリーシステムを取り入れた家」です

D: 「コンパクトで経済的な平屋建て」26.7坪の家です

E: 建物が人を守ってくれる、「バリアー(弊害)のない家」です

F: 二代三代にわたって使える、「人にやさしい、ムクの家」です

G: 建物のまわりをスロープとベランダが取り囲み、「家の出はいりが楽」なバリアーフリーの家です

 

伝次郎ハウスの平面図です

平面図 床面積66.1㎡ 20坪

ロフトの間取りです

ロフト平面図 床面積22.1㎡ 6.7坪

こんなイメージ画像になります

ダイニングキッチンとリビング上にロフト

 

寝室のイメージ画像です

 

 

もっと詳しく知りたい方はこちら(準備中です)

 

TEL 0545-35-1960

PAGETOP
Copyright © 建築工房伝次郎 All Rights Reserved.