1月26日にクリナップのショウルームで勉強会を終えて、色々考えることがありました。

高齢になっても、施設に入らずとも、住み慣れた我が家でずっといられる為に、どんなことに気を付けたら良いか?

このようなテーマで開かせていただきました。私が想像していた方々よりも、ずっとお若く広い世代の人に集まっていただきました。

質疑の段階で、予想していた自立のお話か、サニタリーの質疑かと思われましたが、意外にも建物の施工上の質疑が多かったのには、少々驚きました。

後で、考えてみたのですが、現実には建物の施工上のことが知りたい方々が多くいらっしゃることが分かりました。

我々、施工者は当たり前のように家を作っている訳ですが、こうしなければ駄目だよ、という定義もなく、それぞれの業者が勝手にやってる訳だから、家を作ろうと考えている方にとっては、どの方法が良いのか、迷うのが当然だと思いました。

施設に入らずに、ということ以前に、いつまでも長くもつ丈夫な家を作るには、とか、現在の家の不自由な処、暑さ、寒さを防ぐためには、などと言ったことも話さなければいけないのかなあ、という気持ちになりました。

今度から、このことを踏まえて、建築全般に渡るような話もしていこうとかんがえています。

次回は3月1日 日曜日に、又同じクリナップのショウルームで開催したいと思いますので、是非お越しください。お待ちしております。

以前施工した家の私が描いたパースを載せてみました。