以前にもHPのブログで、居住福祉という言葉について書いたことが有ります。

国際居住福祉研究所所長の早川和男先生の著書「居住福祉」に出会ってからです。

その中に、”北欧、西欧諸国では「福祉は住居に始まり、住居に終わる」と言われ、良質

な住居なしに福祉は成り立たないと考え、その視点からも政府も住居の充実に力を注いで

いる。しかし、日本の政府の認識は想像できないほど遅れている”

又、このようなことも言ってらっしゃる、”元来、「福祉」は「しあわせ」という言葉で

あるが、今、日本では年金やヘルパーや老人ホームなどの、お金やサービス・施設のこと

だけをとりあげている”という二つの文章が強く印象に残りました。

最近では、皇族のどなたかが、”福祉はしあわせという言葉です”とおっしゃっていまし

た。

これらのことに触れてから、私としては恥ずかしい気持ちになりました。

まだまだ、居住福祉という言葉には多くのことが含まれていると考えます。