昨日、心粒ハウスに行ってきました。

2連のパーティションが届いたので、事務所へ設置してきました。

造園工事も大植造園さんの手によって、大半出来上がってきました。

心粒ハウスは、大勢の人たちの力によって出来上がってきました。

正直、まだ工事は進行中です。

皆さん、本当に、自分の家を作るような気持ちで工事されていることが、

よく伝わってきました。

これは、この建物のオーナーの気持ちが、各職の人の気持ちを動かしたのだと、

昨日も、大植さんとも話しをしながら、つくずく感じました。

「ここへ来られる人が癒されるような建物をつくりたい」

これが、オーナーのお気持ちでした。

この建物を作らせていただている期間は、設計からすると、

もう1年になると思います。

私にとってこの建物は、実に感慨深いものとなります。

「建築は、人にあたえる力は大きいものがある」、このことを、

私はずっと思っていました。

「しあわせ」を感じられる建物を作りたい。

人は美しいものを見ることができると、しあわせを感じます。

実に快適だなー、と感じられる空間にいると、しあわせを感じることができます。

人は、良い感覚に触れるとアドレナリンが分泌され、体にも心にも良いのですね。

この心粒ハウスが、まさに、これ、なんです。

暑さ・寒さ・騒音・天災から人を守ってくれる建物

美しく、癒される気持ちにさせてくれる建物、これらを目標に作りました。

この建物が出来上がっていくうちに、徐々に、

今まで思っていたことが、一つになってきたような気がしてきました。

「このような建物を、住居にしたらどうだろうか?」

こんな気持ちで、伝次郎ハウスがでたのです。

正直、ネーミングに悩みましたが、名前をつけなければ前進しませんから、

自分に愛着のある「伝次郎」にしました。

これからも伝次郎ハウスについて、発信していきます。