一生我が家で、安心して、幸せに、楽しく、生活していかれる家

建築を長く続けて来た私にとって、この「テーマ」がひどく気になるようになってきました。

果たして、私は、この「テーマ」に叶う家を作って来ただろうか?と自問しながら仕事をしています。

家自体が、50年も60年も想定していなかったというような、災害が来ても、それに耐えられるだろうか?

 

これから、阪神や東北を襲った地震よりも、大きな地震が来ないとも限らない、そんな時にも作ってきた家は、崩れずに立っているだろうか?

 

夏の暑さは、私達が子供の時よりも、確実に暑くなっています。窓を開けて寝れば過ごせる日の方が少なくなっています。冷暖房の機器に頼らなくても過ごせる家は、出来ないものだろうか?

 

病気になって、障害を負っても、高齢になって自分のことが自分で出来なくなった時でも、施設に入らなくても、我が家で生活していかれるだろうか?

 

家は3回建てなければ、満足する家はできない。こんな話があります。一生の内では、それほど生活の仕方が変わるということです。

でも、その度に建て替える訳にもいきません、それに付いていけるような家が欲しいと思います。

 

家にも流行があります。新しい感覚の家、古臭い家。その感覚の違いは、どこから来るだろうか?

いつまでも新鮮なデザインでありたい、という気持ちを持ってやっています。

 

いつの時代でも、家を建てるということは大変なことです。

最近では、35年の住宅ローンができています。このことで、多くの若い人たちが家を建てることが出来ています。

しかし、このローンが完済するまで家がもつでしょうか?その時、建て替えとか、大きなリフォームをしなくてはいけない、なんてことにならないか?

そのことが大変気になります。

私の経験では、昔ながらの工法、考え方で、現在の進んだ工法を取り入れて作れば、 100年はもつと信じています。

 

こんな思いで、やっと完成したのが「伝次郎の家」です。